65歳以上の方ならどなたでも、「口腔機能低下症」の検査を、保険適用で受けられるようになりました。全身疾患(脳卒中やパーキンソン病)がある方は、65歳未満でも検査を受けられます。
口腔機能低下症」とは、加齢だけではなく、疾患や障害など様々な要因によって、口腔の機能が複合的に低下している疾患です。放置しておくと、全身の健康を損なうことになりかねません。ほとんどの方は、自覚症状が無いため、気付かないうちに進行しています。

 

 

当てはまる項目がいくつあるかチェックをしてみましょう。

 

 

 

チェックしてみよう!

 

チェック項目

□ 硬いものが以前より食べにくい

□ 汁物を飲む時に時々むせる

□ 口の中が乾く

□ 薬が飲みにくく感じる

□ 滑舌が悪くなった

□ 食べこぼしをするようになった

□ 食後に口の中に食べ物が残るようになった

□ 食事をするのに以前より時間がかかる

 

 

 

1つでも当てはまる方は、口腔機能低下症の疑いがあります。

 

 

検査の内容は

 

 

  • 口腔衛生状態
  • 口腔乾燥度
  • 歯の本数
  • 舌・口唇運動機能
  • 咀嚼力(噛みくだく力)
  • 舌の力
  • 飲み込みについての問診

 

 

 

お口の機能とは、具体的に以下の5つに分類されます。

この5つの機能が組み合わさって、私たちが普段何気なく行っている、
「食べる」「話す」という行動に繋がっています。

 

  • 咀嚼:食べ物を「噛む」機能
  • 嚥下:食べ物や飲み物を「飲み込む」機能
  • 構音:舌や唇を使って「言葉を作る」機能
  • 唾液:食事や口腔内の清掃のために「唾液を分泌する」機能
  • 感覚:食事や発声のために口腔内の状態を感じて理解する機能

 

口腔機能検査が支える、あなたの「お口の健康」
年齢を重ねると、徐々に噛む力や飲み込む力、舌を動かす力が低下し、栄養の偏りやエネルギー不足によって、全身の健康に影響を及ぼす場合があります、スマイル歯科ではこうした口腔機能低下の機能検査や治療を行っています。65歳以上の方は、積極的に検査を受けられることをおすすめします。 是非、一緒に健康寿命を伸ばして行きましょう。

 

検査の内容

口腔衛生状態
舌苔の付着検査を行います。
乾燥口腔症
舌の水分量を測定し口腔乾燥の状態を測定します。
歯の本数
機能している歯の本数を数えます。
舌・口唇運動機能
「ぱ」「た」「か」を発音して下と口唇の運動機能を調べます。
咀嚼機能
グミゼリーを噛んで頂き溶け出たグルコースの値を測定し、どれくらい噛めているかを測定します。
舌の力
舌圧測定器を使用し、舌の筋力を測定します。
飲み込みについての問診
飲み込みの機能を調べる問診票を記入して頂きます。

ページトップへ戻る